東京で医師アルバイトとして働く際に求められる事とは?|Great Medical
HOME>トピックス>東京で医師アルバイトとして働く際に求められる事とは?

意外なアルバイト

世の中には、様々なアルバイトがありますよね。しかし、医師にもアルバイトがあるのを知っていますか?曜日があらかじめ決まっているアルバイトから、そうでないものまで様々です。まずは、常勤とアルバイトの給与の違いなどを知りましょう。

常勤とアルバイト、給与はどう違う?

常勤

正規雇用の形になりますので、安定した収入が見込めるのが常勤です。また福利厚生も手厚いのがポイントです。しかし、当直が多いなど常勤医師は業務量が多くなっています。

アルバイト

アルバイトは、常勤よりも比較的に時間の自由が利く所がメリットです。スケジュール次第によっては常勤と同じくらいの給を貰う事も出来ます。しかし、ネックな点を上げるとすれば、アルバイトであるが故、福利厚生が受けられない所が挙げられます。

医者

日本の医療に関して

医師は高収入を得ているイメージがありますが、それはあくまでも開業医のことです。若い医師はまだまだ給与が少ないですし、キャリアを重ねる度に少しずつ給与が上がって行きます。そんな彼らにとって欠かせないのが、アルバイトではないでしょうか。日本の医師不足は深刻ですし、特に東京の救急医療は危機的な状況です。通常の勤務をしながらアルバイトをしている方も多いですし、両者のニーズが一致した結果ではないでしょうか。

求められるスキル

医師がアルバイトを選ぶ基準としては、やはり十分な医療体制が敷かれているかどうかです。どんな状況で患者が搬送されるかは分かりませんし、その中でベストを尽くさねばなりません。ただでさえ過酷な勤務になるので、複数の医師が常駐しているのが理想です。医療系の求人に特化したサイトも増えていますし、東京の求人が一斉に閲覧することが出来ます。職場の雰囲気はもちろんですが、条件面を事前に知れるのはメリットと言えます。

自信が芽生える

東京の医師のアルバイト求人は年々増えていますし、若手や女性の採用も増えています。経験を積めるのは無論、経済面でもメリットは大きいのではないでしょうか。診療科を超えて、多角的な医療を学ぶことが出来ます。

広告募集中